解体業者の選び方

ヘルメットを持つ人

見極めポイントとは

住宅の解体工事はプライバシーやお金、近隣住民への配慮などが関係してくるため、信頼できる業者に依頼したいものです。信頼できる業者選びはなかなか難しいのですが、いくつかのポイントに的を絞って探していくと、依頼できそうな業者が見つかります。解体工事には、大阪の各自治体から建設、とび・土木、解体工事などの許可を受けているか、解体工事業の登録が必要です。これは、業者選びの必須条件ですから必ず確認しましょう。許可・登録の確認ができたら、次は自社で解体工事を行う業者を探します。解体工事を請け負っている業者の中には中間マージンをとるだけで、実際は下請け業者に丸投げするところもあります。この場合は、中間マージンを工事代金に上乗せしてくるため、相場よりも割高になってしまいます。ですから、見積もり依頼する際には、自社で解体工事を行うのか確認が必要です。見積もり依頼は大阪の複数の業者に依頼しますが、5社以上に依頼すると反って混乱を招く場合があります。見積もりには現場の立ち合いなどが必要になるため、業者が多過ぎると時間のロスになります。ですから、大阪の業者3〜4社程度にしておきましょう。提出された見積もり書は、金額・工事項目・工事日程などが詳しく書かれているかチェックします。見積もり書を見るのは解体工事の知識がない一般人ですから、分かりやすい見積もりを作成しているかという点もチェックポイントです。また、見積もりを提出した担当者の対応もチェックして、総合的に良いと思う大阪の業者を選びましょう。